【STEP6】AAMPのサイトを作る

会員性アダルトサイトの比較サイトを作る

 

5記事のサイトを作ると同時に、会員制アダルトサイトの比較サイトを作ります。これは5記事で満足できなかったユーザーを取りこぼさないようにするためのサイトです。

 

 

この比較サイトは最終的にはココだけで月100万稼げるサイトを目指します。

 

 

どうして、このような大きなサイトを作るのかと言うと、先ほど作った小さなサイトで取りこぼしたユーザー、成約まで、行かなかったユーザーを囲い込むためです。

 

 

例えば、例として先ほどの5ページもののサイトで、【熟女動画を見たいならココ!!有料熟女動画サイトランキング】というサイトを作ったとします。

 

 

あくまでも例としてですが、ココでこんなランキングを作ったとします。サイト内でこんなランキングを作ったとします。(5記事モノサイト)

 

有料熟女ランキング

熟女クラブ

 

別に熟女が好きってわけじゃないですよwどっちかといえばロリコンですw

 

エッチな奥様

 

熟女を選んでしまったことを後悔していますwww

パコパコママ

 

 

熟女とか何がいいか解りませんがw稼ぎやすいジャンルの場合は特攻する場合があるのです。。スカトロとかゲイとかw

 

基本的にこのサイトに来るのは有料の熟女サイトを探しに来た人ですから、このサイトで決まる場合が多いのですが、もしかしたら、熟女以外のサイトにも興味があるかもしれませんし、各サイトの安全性や評価が気になるかもしれません。

 

 

そして、もしかしたら、一つのランキングだけではなく、他のサイトでの評価も気になるかもしれません。

 

 

そんな人に用意してあげるのが、沢山のアダルトサイトを網羅した比較サイトの作成なのです。

 

大きな比較サイトを作る意味

 

もしかしたら、先ほどの5記事のサイトそういった情報を詰め込めばいいのではないの?と思う方もいると思いますが、それをしてしまうと3つの問題が起きます。

 

 

単純に面倒くさいということ。

 

これから皆さんが沢山のサイトを作っていくにあたって、態々一つ一つのサイトのそれらのコンテンツを詰め込んでいくというのは非常に面倒な作業です。大きなサイトを一つ作ってしまえば、次から作るサイトは全てその大きなサイトに流してしまえばいいので、手間が省かれます。

 

第三者意見でないと意味が無いということ

 

今の時代ネットにある情報が嘘ばかりなことなどユーザーは良くわかっていますw貴方が付くるランキングだって、売れやすいサイトをただ並べただけですし、正直いって信憑性など無いわけです。実際に、そういった根拠の無いランキングを信用されるものにするためには第三者意見というのが必要になります。

 

そして、沢山のアダルトサイトを紹介している比較サイトというのはそれだけ権威のあるサイトとして認識されますので、第三者意見として有効なのです。

 

サイトの専門性が薄れてしまう

 

基本的にグーグルは専門性の高いサイトを評価する傾向が顕著です。ですので色々な情報がゴチャゴチャになっているサイトというのは本来上位表示させたかった内容で上位表示することが難しくなります。また、ユーザーにとっても何のサイトだか良くわからないサイトになってしまう可能性があります。

 

ですので、比較サイトというものを別に作る必要があるのです。

 

管理人はこの部分はAAMPのマニュアルで作っています

 

正直言って、会員性アダルトサイトの比較サイトは自分で内容などを考えてもいいのですが、やはり最初のうちはマニュアルがあるほうがいいと思いますので、今回の講座ではAAMPをお勧めします。

 

コレを使えば最初からある程度、完成されたサイトを作ることが出来ますし、比較サイトの考え方も学ぶことが出来ます。

 

 

 

 

AAMPの購入者は、管理人がマニュアルを参考に作ったシリウスのアダルトサイト比較サイトのテンプレートをプレゼントしています。

 

 

でも別に比較サイトは自分で考えてもいいw

 

ただ、AAMPって情報商材であって、情報でしかありませんので、基本的にアダルト以外の比較サイトから、情報を得て、オリジナルのサイトを作ってもかまいません。そして恐らく自分で考えて作ったほうが時間はかかるかもしれませんが結果的には血肉となるという場合もあります。

 

ですのでお金がある人は購入してしまうことをお勧めしますが、シリウスの購入やサーバーの契約で使えるお金が、めいいっぱいという人は無理して購入するほどのものでもありません。

 

 

 

 


トップページ 質問を受け付けています ツール&商材ランキング