アダルトアフィリエイトサイト作成!【安全に運営出来るエロサイトで稼ぐ】

アダルトアフィリエイトのマインド

アダルトアフィリエイトのマインド。。

 

最近昼夜が逆転しております。そしてやることが無い。作りたいサイトも無い。

 

そんな状況なので、このどうでもいいブログにどうでも良い記事を頻繁に投稿しています。

 

今日のどうでも良い記事はアフィリエイトにおけるメンタルについて?です。なぜこのようなことを書こうと思ったのかというと、アダルトアフィリエイトで稼ぎ始めた頃の、自分へのメッセージというか誓いを発見したからです。

 

アフィリエイトはゲームだと思え。お金はお金じゃない。貯めても仕方ない。

 

自分の取り分は10万円。

 

必ず経費は20万円使うこと。

 

生活のランニングコストは15万(携帯、ジム、保険、税金)

 

こんなことを書いていました。100万位稼ぎはじめた頃ことだと思います。この頃はやる気あったなーとか、その20万の経費はほとんど無駄金におわたなーとかw

 

まあそんあ苦い記憶なんですが、アフィリエイトをゲームだと思うって結構重要な部分なのかな?と思ったり。

 

うん。やっぱり適当に書く記事は本当に駄目記事ですねwおやすみなさいw

 

 

なんかどこかのサイトで記事数が一番大切みたいな話が出てたんですが、それって半分あたりで半分外れなんですよね。。。。

 

まあ大前提なのが、記事数を必要とするユーザーをあいてにするのか?それともそれ以外のユーザーを相手にするか?

 

というところですね。この違いってみんな分かっているんでしょうかね?記事数が必要なユーザー向けのサイトなのに記事数足らず。

 

記事数がいらないユーザー向けのサイトなのに無駄な記事投下。

 

最近はそんなサイトが凄く目立ちます。

 

もちろん少ない労力で稼ぎたいなら、記事数がいらないユーザーを相手にする必要があります。ちょっとコツが必要な部分はありますが、管理人は面倒なことが大っ嫌いなので、5記事程度のサイトで稼ぐのが一番好きです。

 

方法はここで紹介しているやり方ですね。

 

 

なんか話題ですね。管理人は情報商材もはやりものも結構好きなので、購入してみたんですが・・・・・

 

正直うーんって感じの内容でした。

 

狙うASPがDUGA。。まあ悪くないんですけど、だから60万止まりなのかな?って感じなんですね。やっぱりこういう単価の低いところを狙うとどうしても作業量=報酬って形になるから数百とかはきついかな?と。

 

ということでこのサイトでアダルトアフィリエイト究極の紹介をすることはないかと思います。
? 2014年05月02日(金) ? 未分類
ホリエモンですらアフィリエイトなんて正しく理解していない。

 

 

うーん。ホリエモンですら自分でやっていないことに対しては、内容のないアドバイスしか出来ないんですね。

 

将来の為にリスクヘッジしようなんて言うのは当たりまえ。

 

アフィリエイトに関しては言えば対しての稼いでもいないくせにリスクヘッジとか言い出して死んで行く人が多いような気がします。

 

例えばいつ無修正動画が禁止されるから分からないとかいって月に30万も稼いでいないのに色々やりだしてどれも中途半端とか。。

 

得意分野を思いっきり伸ばす。これがアフィリエイトにおける最大のリスクヘッジだと思います。
? 2014年05月02日(金) ? 未分類
与沢翼が破綻して思うこと。

 

 

 

 

秒速で稼ぐとか。塾のLPとか。凄く馬鹿な感じで馬鹿向けの集客をして。塾なんて入っても稼げなかったと思うんですよね。 でも、きっと与沢翼自体は本当に天才だったんじゃないかな?って。どうせ破綻してもあれだけ名前が売れてれば何とでもなるし。馬鹿を騙すのに疲れたから破綻させた。それだけのことだと思います。 だからこれから言動に注目。きっとイイ話が聞ける。というかちょいちょい馬鹿を騙す目的じゃなくて、素でもはなしてたのかな?って思う記事を見つけました。 結構響く記事

 

 

 

与沢翼・成功のカラクリ【2】たった1つに執着し、他はすべて捨てろ

 

 

弱者は「魚鱗の戦略」で成功せよ 成功をもたらす行動をするには、どのような行動戦略を取るかということが大事になる。何も考えずに手当たり次第に行動しても成功には程遠いからだ。 行動戦略は、古くは三国志の時代から重要視されてきた、成功のための基本中の基本である。 私がいつも行動を起こす前に考える行動戦略のひとつに「魚鱗(ぎょりん)の戦略、鶴翼(かくよく)の戦略」というものがある。一見、難しそうな名前がついているが、考え方としては非常にシンプル。しかも、現代のビジネス上の戦略でもかなり有効なものなので、ぜひ覚えて実践してほしい。 「魚鱗」というのは、魚の鱗のように三角形の先が鋭く尖った態勢のこと。「鶴翼」は、鶴が翼を広げたように扇形をした構えのことだ。 たとえば新しい事業会社が、商品やサービスのラインナップをするときにも、「魚鱗の戦略」を取るか「鶴翼の戦略」を取るかで、その後の展開がまったく変わる。 仮に、IT系のベンチャーで起業したとして、アプリの開発からネットショッピングのシステム開発、ソーシャルネットワーク運営、ITコンサルティングまで「鶴翼の戦略」で幅広くラインナップした場合どうなるか。 おそらく、まだ無名のIT系ベンチャーとしてユーザーから見られたときに「何に強みがあるのか」がボケてしまうだろう。 それなら「私はスマホアプリしかやりません」と絞りきる代わりに、その分野に関しては「100%できます」と言える方がいい。 そうやって先を尖らせて専心していることが信頼の獲得につながる。何でもできますよ、と言いながら、何が本当にできるのか分からない相手よりは「ここがすごい」と思えるような相手に仕事を頼みたくなるものだからだ。 そもそも「魚鱗の戦略」は、戦国時代に数や規模で劣る軍勢が、規模の大きな強敵に立ち向かうために考え出されたものである。「魚鱗」の軍勢が1万、「鶴翼」の構えをした軍勢が10万と10倍の勢力差がついていても、「魚鱗」の構えを取っていくことで少数部隊でも勝つことができるのだ。 私も最初にアパレルで起業したときも、情報業界で再起を図ったときも、明らかに先行者に劣る規模(なにしろ、たった1人だ)でありながら、「魚鱗の戦略」で市場を打ち破ることができた。 どうすれば、それが可能になるのか。これも難しくはない。「魚鱗」の先端に、誰もが利用しやすい商品、お試しをしやすい商材を用意すればいい。 顧客を集客するフロントエンド商品として、価格的にも機能的にも「心がくすぐられる」ものを用意するわけである。 そして、顧客が最初に接した商品や、そのときの対応に満足できれば、その後の情報にも興味を持ってもらえる確率が高くなる。 最初に顧客の心を崩すことが、何より大事。だからこそ、新規参入で成功を目指すためには、顧客の心を崩せるように先を尖らせた「魚鱗の戦略」を取っていくことは鉄則だと思っておいてほしい。 日本一のたこ焼きでなくてもいい、最低限おいしいたこ焼きをつくる ひとつのことを突き抜ける、ということと、完成度を高めるということは似ているようだが違う。 これから成功のための戦略のステップを上がっていこうという人が、最初から最高レベルの完成度のものをつくれるかといえば、それは難しいだろう。 中には、いつまで経っても商品力を高めることばかりにリソースをつぎこんで「なかなか、ブレイクしない」という残念な人がいる。 いつか自分の実力を分かってもらえる、というように秘めた自信を持つのはいい。ただ、練習ばかりして試合に出なければ結果は出せないのと同じで、どんな商材も流通のプロセスの中に投じなければ成功はあり得ないのだ。 どれだけ自分自身や自分の商品に自信があっても、それを流通させない限り価値はゼロである。 もちろん、流通の仕組みをつくることは大変で自分にはできないという人もいる。それなら、他の誰かと手を組んでやればいい。人を集めてくれる人に、アフィリエイトでお金を使ったり、セールスしてくれる人に成功報酬を与えればいいだけのことだ。 この部分を戦略的に考えられるかどうかでも、成功の一歩が踏み出せるかどうかが違ってくる。 日本一のたこ焼きでなくてもいい、最低限のたこ焼きをつくることが大事だ。 最初は最低限おいしいたこ焼き、これならお金を払ってもらえるというものでビジネスをつくっていく。そして経済基盤を確立しながら、利益が生まれてきたらそれを研究開発の投資にも回す。たとえば、たこ焼きとの意外性のあるフュージョン(融合)で、イタリアンのシェフに監修してもらってもいい。 「古代ローマたこ焼き」というような(誰かつくってください)ものを仕掛け、さらに話題をつくる。しかもあまり設備投資はせずに既存のものでうまく部分的にオペレーションを変えるだけで対応できるものにして、アフィリエイトの手法なども使ってバズマーケティングをしていけばいい。 これを最初からするのではなく、走り始めてからするのがポイントである。 ソフトウェアも最初はバグだらけでもいい。最低限の基準を満たしたもので、あとは使いながら改良を重ねていく方法は、短期間で限定した機能の開発と評価をくり返していく「アジャイルソフトウェア開発手法」として知られている。 最高のものを極めてからでないと成功できない、稼げないというのは誤解なのだ。 私もそうだが、最低限のものでスタートしても十分、人生は変えられるのである。そのために必要なのは、たったひとつ、何か最低限の基準を満たしたあなたの「売り」になるものだけ。まだ、そこでは差別化できていなくても構わない。タネの状態でいいから、確実に用意しておくことが第一歩だ。 そして、もうひとつ。その成功のタネを咲かせるために、ここまで話してきた「成功の壁」を越える力をつけてほしい。 成功とは、本来シンプルなものである。自分だけの成功のタネと成功の壁を越える力。それさえあれば、誰でも成功はできる。

 

与沢翼に共感しているなんてちょっと恥ずかしいけど、本当にその通りだと思う。これからはこういう話を聞けるのかと思うと今後の与沢翼に期待してしまう。
? 2014年04月29日(火) ? 未分類
アダルトアフィリエイトなら3流でも稼げる?

 

 

 

 

3流を集めて1.5流になる。
可愛過ぎる海女さん。本当にかわいいですかね?そりゃお願いすればやらせてくれると言えば頭をコンクリに打ち付けてでも頼みこみますが、美人すぎる海女さんより、能年玲奈ちゃんの方が明らかに可愛すぎていますよね。

 

 

 

ほかにも可愛すぎる書道家。美人過ぎる市議。可愛すぎる漫画家。踊れるデブ?本当にその人たちって一流ですかね?違いますよね。でも書道家なのに美人。美人なのに市議。漫画かなのに可愛い。デブなのに踊れる。

 

 

 

この人達は、3流を合わせて1.5流になっている人達の一例です。

 

 

 

アフィリエイトも同じですよね。

 

 

 

サイト作成能力なんて3流どころか5流くらい。マーケティング、ライティングなんかの能力も3流。どっちも専門家には勝てる部分は一切ありませんね。

 

 

 

でも、サイトが作れて、市場を見極めるマーケティングの能力もある。両方三流以下でそれだけじゃお金は稼げないけど合わせることによって価値のある存在になってお金が稼げる。

 

 

 

一流になるのは難しいですが、何かを組み合わせることによって価値のある存在になることができる。

 

 

 

アフィリエイターの中でも、アダルトアフィリエイターって何かを合わせた例です。

 

 

 

実力があるけど、アダルトアフィリエイター。

 

 

 

実力がある人は一般アフィリエイトをしている場合が多いのでこれも立派な組み合わせです。

 

 

 

ほかにもソーシャルメディアに強いアフィリエイター。サイト作成の能力は微妙でもソーシャルと組み合わせることによってうまくいったりします。

 

 

 

みんなの3流能力ってなんでしょうかね?もちろん一人一人違いますが、誰にでもあるはずです。合わせれば1.5流になれる何かが。
? 2014年04月27日(日) ? 未分類
みんなが欲しがるものは売ってはいけない。アダルトアフィリエイトも同じ。

 

 

 

 

みんなが欲しがるものは売ってはいけない。

 

アフィリエイトに限らずですが、最近こんなことを思うようになってきました。

 

例えばみんなが欲しがるもの。必要なもの。

 

トイレットペーパー。コカコーラ。アイスクリーム・・・・

 

まあこんなところですかね?こんなところしゃないないような気もしますけどw。わりかし必要なんじゃないでしょうか?みんながほしいものですから当然いっぱい売れます。作れば売れます。

 

でも、こういうモノを僕たちが作って、成功することは出来るでしょうか?

 

出来ませんね。個人でこういうモノを販売して、成功している人がいないのは想像すれば簡単に分かると思います。

 

みんなが必要なモノはみんな作ろうとしますから、結果的に多くの商品が市場にあふれ、比較される運命にあります。比較とは競争ですから当然大資本が勝つ運命にあります。絶対に勝てませんが、勝ったとしても利益率が恐ろしく低い運命にあります。つまり儲かりません。

 

人は必要のモノにはお金を使わない。

 

なんですね。トイレットペーパーは絶対に必要ですが、市場の平均価格から大きく外れた商品が売れることはありません。しかしおしゃれの洋服は絶対必要ではないですが、市場の平均価格の10倍でも売れる商品があります。

 

ことし自分が買った高いモノを想像して見てください。それって絶対必要でしたか??その価格は常識的に妥当でしたか?
たぶん、恐ろしく無駄なものなんじゃないんでしょうか?

 

管理人はことし50万で流木を買いました。たぶん一般人から見れば意味のない買い物でしょう。でも私は超満足な買い物でした。

 

だから、私たちは、みんなが欲しがるモノを売るよりも、みんなが欲しがらないけど、特有の層が欲しがるモノを売る必要があるんですねー。

 

と、かなり脱線しましたがアフィリエイトも同じです。

 

みんなが想像するサイト。例えば無料のエログサイトとか。分かり易いキーワード。儲かりますけど。色々な労力を考えると費用対効果が低いんですね。

 

アダルトアフィリエイトに関してはそんなにい大資本がいないのであれですけどね。無料動画を紹介しようとすればそれこそエックスビデオとかFC2とかライバルですし、大手エログさんもわんさか。

 

やっぱりみんなが求めているモノってライバルだらけです。

 

管理人は競争が苦手ですから。折角大将になったのに、常に狙われるよりは、小山の大将でいたいですね。


トップページ 質問を受け付けています ツール&商材ランキング