エログでアクセストレード相手の探し方

アクセストレード相手の条件。

実際にアクセストレード行う際に重要なのがトレード相手の選別です。そこまで難しく考える必要はありませんが、誰にでも、どのサイトにでも送ればいいと言うわけではありません。

 

今回はアクセスを送る相手の基本的な選び方についてまとめましたので参考にして下さい。

自分より少し大きめのブログ

大きすぎず、小さすぎず

 

例えばあなたのサイトが1日100アクセスあり、1日50アクセスはトレード先に流せる自信があったとします。そこで1日5万アクセスを誇る、有名サイトAに1日50アクセス流しました。

 

一見流せるアクセス全てAに流したので、効果がありそうですが、残念ながら5万アクセスあるサイトにとって50アクセスなどどうでもいい数字ですし、相手側のアクセスランキングにも表示されないため、そもそも気がついて貰えない。

 

気がついたとしても、50アクセスのために、わざわざアクセスを流してもらえない可能性が極めて高いです。

 

それならなら自よりもアクセスが少ないサイトに流したほうがいいのでは?

 

という疑問もあると思いますが、自分より小さいサイトにいきなりアクセスを流しても、相手にアクセスを返す能力が無い可能性も高いです。そして最初のうちは流せるアクセスは全て同じサイトに送ったほうが効率がいいので、いきなり自分が全力で送ったアクセスでも返せる程度のサイトがベストです。

 

最初はこのバランスが難しいと思いますが、なれてくれば解るようになりますので場数を踏みましょう。

アクセストレードに力を入れているサイト

アクセスランキングが無いサイトは論外

 

例えばアクセスランキング設置していないサイトならばたとえあなたがどんなにアクセスを流しても、気がついて貰えない可能性すらあります。こういうサイトに関してはアクセストレードなどする気はありませんし、『アクトレって何??それ美味しいの??』状態ですのでこういうサイトにアクセスを流しても無駄です。

 

そしてアクセスランキングがあったとしても積極的にアクセスを回す意識が無いサイトにアクセスを流してもアクセスを流す能力が無い場合殆どですのでそういうサイトにアクセスを送っても無駄です。

 

アクセストレードに力を入れているサイトとはどんなサイトなのか?

 

ずばり目立つところに他のサイト情報を載せているサイトです。アクセストレードに力と入れているサイトはヘッダー直下の1番目立つ場所に他サイトの紹介リンクなどを設置しています。また場合によっては相手の紹介だけで記事を作っている場合などもありますので、そういうサイトにアクセスを流していきましょう。

発リンクの質が高いサイト

騙しリンクは直帰率が高いです。

 

例えばあなたのサイトで、『15分の女子高校生動画』を配信していたとします。アクセストレード先はその記事のURLのアンカーテキストに『本物女子小学性動画210分』と言う紹介をしたとします。

 

恐らく、アンカーテキストを『15分の女子高校生動画』とするよりもアクセスは相手として送りやすいと思います。

 

しかし、そのリンクをクリックしたロリコンは『女子高校生とかババアかよwしかも15分しかねえのかよ(((( ;゚д゚)))』と思い直ぐに帰ってしまいますww

 

まあこの範囲だったらまだマシかもしれませんが、『当サイトの動画はコチラから』とかであなたのサイトに飛ばす可能性すらあります。こういうアクセスと言うのはいくらあっても意味がありませんので、しっかりとしたアクセスを送ってくれるサイトを相手にする必要があります。

同じジャンルのサイト

ジャンルが違うとアクセスが送りにくい

 

例えばあなたが『18歳限定AV紹介エログ』と言うサイトを運営していたとします。アクセストレード相手を探していたら、『81歳限定AV紹介エログ』と言う規模も丁度よく、アクセストレードも盛んで、騙しリンクも無いブログを見つけたとします。

 

しかしこのサイトは絶対にアクセストレードにはオススメできません。

 

まあ、もう皆さんわかっているとは思いますが、アクセスを送るためには『18歳限定AV紹介エログ』で『81歳限定AV紹介エログ』のリンクを踏んでもらう必要がありますw又、逆もしかり。

 

どう考えても『18歳限定AV紹介エログ』に81歳のAVを見たいユーザーは少ないですし、『81歳限定AV紹介エログ』に18歳のAVを見たい人もいません。

 

アクセストレードによるリンクはユーザーにとって有益では無いという話をしましたが、関連性のあるリンクを、わかり易く紹介する事はユーザーにとって有益です。

 

この場合ですと、『18歳限定AV紹介エログ』は『女子高校生専門エログ』と言うサイトにアクトレ相手に選んだ場合、ユーザーが紹介リンクを踏んでくれる可能性も高いですし、相手も返しやすいです。
そしてユーザーから見ても『18歳限定AV紹介エログ』では『女子コウ生のオススメ動画の紹介もある』と言うことで、満足度を下げる事無くアクセスを送る事ができます。

 

いい例がリンク集ですね。『自分のコンテンツは無いけれど、自分の趣味にあったサイトが見つけやすい』と言うことで需要があります。

更新頻度が高いサイト

死んだサイトアクセスが帰ってこない。

 

最後は当たり前のポイントですね。更新していないサイトと言うのはアクセスを送っても気がついて貰えない可能性がありますし、アクセスを送っても返す体制を作るための更新作業をしてくれない場合が殆どですので、アクトレ相手としてはパスです。

 

基本的にはHTMLサイトではなくてアクセストレード相手はエログが基本です。

今回はアクセストレード相手に求める条件について案内しました。

 

次の記事では実際のアクセストレード行う際のアクセスの流し方を案内していきます。

アクセストレード。効率的なアクセスの流し方を徹底解説!!

 

サイト運営に必要な素材、報酬を提供してくれる広告主。その中でも素材が豊富で、報酬率が高い厳選7社を紹介しました。

 

この7社のみ契約であなたの作るどんな素材も揃い、アフィリエイト先も確保できます。

管理人が知識0から月10万円を目指すならどういう媒体で、どんな方法でアダルトサイトを作るのか?と言うコンセプトで講座を解説しました。

 

知識が全くない方でも、出来るように無料ブログを使った方法を案内しています。無料で稼げるサイトが作れます!!

最も効率的に稼げる独自ドメイン+レンタルサーバーでの運営方法を解説しました。

 

お金がかかってもいいから安定的に稼ぎたいと思われる方はコチラを参考にして下さい。


トップページ 質問を受け付けています ツール&商材ランキング