アダルトサイトの素材の仕入先は?

アダルトサイトで利用する画像の仕入れ方

画像や動画の仕入れ先と著作権の関係

 

アダルトサイトを運営していく上で、サイト内で利用する画像や動画と言うのは基本的に自分で用意する方よりも、何処かから頂いてくるという方のほうが多いと思われます。

 

そこで意識しなければならないのが著作権の問題です。

 

例えば自分が購入したDVDをWEB上に公開したり、他の誰かが、有料で配信している映像を公開したりする行為は著作権侵害の当たります。

 

でも、ほとんどのアダルトサイトが自前のコンテンツではない、動画や画像で堂々とアダルトサイトを運営しています。どうしてそんな事が出来るのか?

 

今回は著作権を侵害せず広告素材をゲットする方法を案内します。

 

パターンT ASPから素材の提供を受ける

広告主が宣伝用に素材を提供してくれる

 

どの広告主も自分のサイトに入会してもらうために、サンプルの動画や画像を用意しています。広告主側の競争も激しくより、レベルの高い広告素材を近年用意しているのでASPから提供される素材だけで、かなりクオリティーの高いサイトを最近は作る事が出来ます。またコンテンツがそのまま広告となるので、報酬面で考えれば広告主から提供される素材でサイトを作る事は効率的です。

 

 

これは国内サイトのDUGAのサンプルです。海外サイトなどではもっと高画質のサンプルや画像を提供しています。

 

こういう画像や動画はASPと契約(5分で終わる)をする事によって簡単に利用する事が出来きますし、著作権的にも1番クリーンな運営が出来ます。これが1番多いアダルトサイト運営のパターンです。

パターンU 著作権無視でアップされているコンテンツを紹介

紹介は犯罪にならない?

 

これが1番多いタイプです。例えばFC2動画とかエックスビデオなんかにDVD丸々一本アップしてそれを紹介する形です。サイトの訪問者としてはお金を払わず、完全な作品を視聴できるので人気サイトになるのはこのタイプです。しかしお金を稼ぐという部分を考えた場合、お金を使わない層が集まるので、微妙です。がアクセスが多いのでまあまあお金になります。

 

[高画質で再生]

ハルヒコスプレSEX!! [無料ホームページ] [アダルト動画]

 

『こんなものを紹介して罪にならないの?』という疑問が沸くと思いますが、なりません。アップロードする事自体は一応罪に問われる可能性がありますが、紹介する事を取り締まる法律はありません。なので管理人もこのように埋め込み動画で公開しています。

以上2パターンが著作権を侵害せずアダルトサイトを運営する方法です。

 

しかし例え著作権を自ら侵したとしても、宣伝のためなら許される傾向があります。

 

宣伝なら著作権の侵害にはならない?

利益に繋がる侵害は許される?

 

詳しく話すと長くなるのですが、宣伝のために犯した著作権のと言うのは法的に罰する事が基本的に出来ません。例えば以下のサイトをご覧下さい。購入したDVDをキャプチャーしまくって公開しています。バリバリ著作権を侵していますが、広告主からは喜ばれていると思います。

 

イメージビデオのサイト

 

しかしこういう著作権の侵害を自ら行いながら運営するサイトと言うのは法律の罪には問われなかったとしても、バランス感覚を失い、広告主側に不利益を与えるような運営をした場合(DVD丸々1本アップロード)など広告契約を打ち切られる可能性が高いので注意が必要です。

サイト運営に必要な素材、報酬を提供してくれる広告主。その中でも素材が豊富で、報酬率が高い厳選7社を紹介しました。

 

この7社のみ契約であなたの作るどんな素材も揃い、アフィリエイト先も確保できます。

管理人が知識0から月10万円を目指すならどういう媒体で、どんな方法でアダルトサイトを作るのか?と言うコンセプトで講座を解説しました。

 

知識が全くない方でも、出来るように無料ブログを使った方法を案内しています。無料で稼げるサイトが作れます!!

最も効率的に稼げる独自ドメイン+レンタルサーバーでの運営方法を解説しました。

 

お金がかかってもいいから安定的に稼ぎたいと思われる方はコチラを参考にして下さい。


トップページ 質問を受け付けています ツール&商材ランキング