アダルトサイトと法律。知らないでは済まされない2つの法律。逮捕されないために

アダルトサイト運営のために知らなきゃいけない法律

警察への届け出が必要な場合と不必要な場合がある。

二つのタイプのアダルトサイト

 

 

実際にソープやヘルスお店を経営するとなると風営法など沢山の知識と実際の届出が必要ですが、アダルトサイトを運営するに当たってはは届け出が必要な場合と必要ない場合があります。

 

 

まず届出が必要な場合は自らモデルを調達し、そのAVを自らアダルトサイトで配信し、その報酬を受け取る形のサイトです。この場合警察への届出が必要になります。(詳細は→アダルトサイトを運営する場合警察に届け出が不要って本当?

 

 

次に届出が必要ない場合は、他のサイトで配信されている作品を、自分のサイトで宣伝する形です。どちらの運営を意識して皆様がこのページを見ているかは解りませんが、ネット上にあるアダルトサイトの99%以上が警察への届け出が必要ないタイプのサイトです。

 

 

そして初めて運営するなら、勉強の意味を含めて、届出が必要ないタイプのアダルトサイト運営がオススメです。というか永久的にこっちのサイトがおすすめw

 

 

管理人、実は1番はじめに作ったサイトは彼女の裸を販売するタイプのサイトでしたw届け出のなどの準備は以外にスムーズに終わったのですが、実際にお客様集め、決済システム、セキュリティーなど考えなければならない事が多く、結局1円も手にする事が出来ず辞めてしまいましたw

 

 

満たされたのは彼女の裸を世間の男どもに見せ付けるという、変体欲求だけw

 

 

今は、そんなアブノーマルな思想は捨てて、彼女よりもずっとかわいいAV女優の動画や、画像を使って、月100万はコンスタントに売り上げているので、稼ぎやすいのも届出が必要ないサイトです。

注意するべき点は2つだけ。

意外に注意点は少ない

 

先ほども言ったように、風俗店を実店舗で運営しようとすると風営法など注意すべき点が鬼のように沢山ありますが、アダルトサイト運営で注意する点と言うのは意外に多くありません。この後の記事でも一応詳しく解説するのですが、この2点を覚えればはっきり言って十分です。

 

T 無修正画像自分のサイトで掲載しない。(紹介する事やリンクはOK)

 

U 児童ポルノは絶対に公開しない。

 

 

アダルトサイトを運営する上で注意が必要なのはこれだけです。無修正画像については管理人もモザイクの付け忘れで結構公開しちゃうことがありますが、事件になった事はありません・・・。まあ注意するにこした事はありませんが、恐らくわざと公開しているような状態出なければつかまらないのでは?と思っています。

 

 

但し、二点目の児童ポルノと言うのは本当に取り締まりが厳しいです。警察も本気で動いてきます。管理人の知り合いなどで逮捕された人はいませんが、公開したら即刻逮捕くらいの認識でいたほうがいいと思います。

アダルトサイト運営のために知らなきゃいけない法律、総括

ここまで簡単に法律とアダルトサイトの話をしました

 

 

恐らく皆さんが思っているより法律については意識する事も少なかったのではないでしょうか?

 

 

危ないイメージが先行して大きな参入障壁になっていますが、いざ調べてみると、通常のサイトと比べて特に危険と言う事もありません。

 

 

しかし参入者が少ないにも関わらず、アダルトと言うのは大きな需要があり、とても稼ぎやすい市場です。

 

 

単純に趣味でアダルトサイトを運営したいとコチラのサイトに訪れた方もいらっしゃると思いますが、お小遣い程度なら比較的簡単に報酬をに稼げますので、趣味としてだけではなく、お金を稼ぐ事にも楽しみを覚えて頂ければと思います。

 

 

次のページでは今回絶対禁止といった児ポの話について案内します。絶対禁止とは言いましたが、実際にジュニアアイドルの過激な作品などは普通に売られていますし、そういった作品は児ポには接触していません。そういったところの境界線をお伝えします。

 

次に読んで欲しいアダルトアフィリエイトと法律の記事

 

→具体的に児ポってどんな作品が該当するの?

 

 


トップページ 質問を受け付けています ツール&商材ランキング